Windows標準機能でスクリーンショットを連続でとる方法

Windows標準機能でスクリーンショットを連続でとる方法仕事術

Windowsのスクリーンショット機能って使いづらいなぁ、と思っていませんか?

その悩み、博士エンジニアの晴樹が解決します。

もしまだ使いづらいと思っているなら、それは認識が古いかもしれませんよ。

確かに以前のWindows標準のスクリーンショットは使い勝手が悪く、スクリーンショット撮影のためのソフト導入していた人も多いでしょう。

しかし今では以前よりも使いやすく改良されており、単にスクリーンショットを大量に撮影するだけなら効率よく行うことができるようになっています。

この記事ではその設定や方法についてお伝えします。

Windows標準機能のスクリーンショットツールを使う方法

Windows標準機能のスクリーンショットを使うシンプルな方法はPrintScreenキーを押すことでしょう。

しかしこれでは画面全体や最前面のウィンドウしか撮影できず、任意の場所を四角で切り取るようなことができません。

そこで、[Windows] + [Shift] + [S] キーを押してください。

これを押すとスクリーンショットツールが起動し、画面が暗転し画面上部にバーが出てきます。

[Windows] + [Shift] + [S] キーで使えるスクリーンショット

このバーから、画面中の一部を切りとったり、画面全体のスクリーンショットをとったりするか、などを選ぶことができます。

撮影されたスクリーンショットは、クリップボードにコピーされていますよ。

スクリーンショットを連続で撮影して貼り付ける方法

しかし、このままではスクリーンショットが1つ、クリップボードにコピーされるだけです。

例えばWordなどのドキュメントにスクリーンショットを大量に貼り付けたいときは、いちいちスクリーンショット撮影と貼り付け作業を交互に繰り返す必要があります。

同じページ内の別の箇所やソフトウェアの操作説明などで連続してスクリーンショットを撮りたい場合、わざわざスクリーンショットを撮って貼って、というのを繰り返すのは面倒ですよね。

これを解決できるのが、クリップボード履歴という機能です。

これはクリップボードのデータを複数保持することができるものです。

これを有効にするには [Windows] + [V] キーを押します。

機能が無効になっている場合はこのように表示されますので、「有効にする」を押します。

クリップボード無効画面

有効にしたら、それ以降Ctrl+C などでコピーしたデータは、クリップボード履歴に複数蓄えられるようになります。

ここに保存できるデータというのは厳密にはクリップボードにコピーできるものと少し異なるのですが、テキストや画像は通常の「コピー」と同じように扱えますので、気にしなくて大丈夫です。

先ほど紹介したスクリーンショットツールを使って複数のスクリーンショットをとったあとに[Windows] + [V] キーを押してクリップボード履歴を表示すると以下のようになります。

クリップボード履歴使用画面

貼り付けたい画像を選択すれば貼り付けられるので、連続してスクリーンショットを撮影して、クリップボード履歴に溜まったものをいっきに貼り付けていけば、効率よく作業ができます。

保存できるクリップボードには上限がありますが、スクリーンショットなら20枚程度は連続して撮影できるので、ストレスなく連続撮影可能です。

スクリーンショットの加工や連続保存がしたい

単にクリップボードにためていくのではなく、加工や保存したいという場合はやはりスクリーンショット撮影専用のソフトウェアを導入することがお勧めです。

私のオススメツールであるScreenpressoについては、こちらの記事で紹介しています。

【Screenpresso】ブログ・マニュアル作成に役立つ画面キャプチャソフト
PCのスクリーンショットを使って分かりやすい説明をしたい、でもそれって手間がかかりそう。そんな悩みを解決できるScreenpressoというソフトを紹介します。

今回の方法では満足できない方は、是非読んでみてください。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

  • スクリーンショットを撮るなら[Windows] + [Shift] + [S] キー
  • 連続でスクリーンショットをクリップボードに保存したいなら[Windows] + [V] キー
  • 加工や保存もしたいならScreenpresso

スクリーンショットは撮るのが面倒な印象がありますが、今回の方法を知ると、意外と簡単だな、と思いませんか?

画像の説得力というのは素晴らしいので、例えば作業状況などのスクリーンショットを残しておくと、状況を人に伝えたり自分が次にやるべきことがわかりやすく整理できます。

気軽にスクリーンショットをとって、仕事の効率を上げていきましょう!