朝活の成功は前日の準備で決まる!効果的な3つの準備

朝活の成功は前日の準備で決まる!効果的な3つの準備成長術

「朝活ってとりあえず朝起きて何かすればいいの?」「朝活をするときって何か準備しておいた方がいいのかな?」

その悩み、博士エンジニアの晴樹が解決します。

せっかく朝起きて活動するなら、効果的に時間を使いたいですよね。

なら事前の準備は欠かせませんよ。

朝活は朝起きてすぐに行いますので、準備は朝起きてからするのではなく前日の夜にすることが重要です。

朝活を成功に導く事前準備について、お伝えします。

朝活を成功に導く前日の準備

朝活をスムーズに始めたいなら、以下の3つの準備を前日の夜に行いましょう。

  • 活動内容を決めておく
  • 寝る時間を決めておく
  • すぐに取り掛かれるようにしておく

詳しく説明していきますね。

活動内容を決めておく

朝起きてその日の気分や体調によって、朝活で何をするのかを決める人もいるかもしれません。

それも悪くないですが、事前に何をするのか決めておくことをお勧めします。

その理由は、朝になった時に何をするべきか悩まずにすぐに手をつけることができるからです。

することを決めておかないと、朝起きてみたものの「何をやろう?」「そういえばこれ終わってなかったっけ」「あれもやりたいんだった」なんて思っているうちに時間が過ぎてしまいます。

また、何をしたいかによっても朝活に必要な時間が変わってきます。

どれくらいの時間朝活をするのかが決まらないと、そもそも何時に起きるのが良いのか分からないですよね。

なので

  • 事前に活動内容を決め
  • そのためにはどれくらい時間がかかるのか確認し
  • その時間内でやるべきことをやり遂げる

そういう計画を立てておくと、短い時間でも成長につなげることができます。

あなたが朝起きるのが苦手なら、活動内容を決めておくことは特に重要です。

せっかく朝起きても、「眠いからもう少し寝て、その後朝活しようzzz」となったら意味が無いですよね。

あらかじめやることを決めて、それにかかる時間が分かっていれば、「今起きて活動し始めないと予定通りに進まない」という意識が働いて、「起きよう!」となりやすいのです。

寝る時間を決めておく

これが何よりも一番重要です。

朝活に失敗するよくあるパターンは、寝る時間をこれまでと変えずに朝早く起きようとすることです。

これでは睡眠時間が不足してしまい、朝活自体や日中のパフォーマンスが大きく低下してしまいます。

これを避けるには

  • 朝活に使う時間を決める
  • 起きる時間を決める
  • 必要な睡眠時間を確保するために寝る時間を決める

という手順で寝る時間を決めて、ちゃんと予定通り寝ることが重要です。

例えば、朝英語を1時間勉強する。

そのためには5時に起きないといけない。

いつも7時間は寝ないと調子が悪いので、夜は10時に寝よう。

こういった感じです。

睡眠時間というのは肉体や精神に大きく影響を与えますので、朝活のために睡眠時間を削るという意味のないことだけはしないようにしましょう。

すぐに取り掛かれるようにしておく

何か活動し始めようとすると、それだけで意思力を消費してしまいます。

例えば、朝起きてランニングするという計画を立てたとしましょう。

ランニングに行くには、着替えや靴、タオルなどを準備する必要があります。

その準備を朝起きてからやろうとすると、実際のランニングに入る前に様々な行動が必要になり、やる気の低下につながる恐れがあります。

少し手間がかかる活動をスムーズに取りかかれるようにするには、活動開始の障壁を少しでも下げておくのが有効です。

ランニングなら、必要なものを事前に用意して枕元に置いて寝るとよいでしょう。

朝から勉強に取り掛かりたいなら、前日寝る前にテキストを机の上に置き、始める場所にしおりを挟んだり、ノートを広げておいたりすることで、すぐに取り掛かることができます。

このように準備をしておくことで、朝起きてすぐに活動することができるようになりますよ

まとめ

朝活をスムーズに始めるための準備のポイントは以下の3つでした。

  • 活動内容を決めておく
  • 寝る時間を決めておく
  • すぐに取り掛かれるようにしておく

せっかく朝活をやろうとするなら、失敗せず、有効に時間を使いたいですよね。

成功するかどうかは、事前の準備で決まっているといっても過言ではないですよ。

明日の朝活に向けて、今日の夜から準備をしてみませんか?