マルチタスクによる集中力ややる気の低下を防げるCLaunchの設定

マルチタスクによる集中力ややる気の低下を防げるCLaunchの設定仕事術

「パソコンでのマルチタスクは効率わるいなぁ」「タスクを切り替えるときに準備に時間がかかるんだよなぁ」

その悩み、博士エンジニアの晴樹が解決します。

作業効率を爆発的に上げるソフトとして、こちらの記事でWindows用ランチャーソフトのCLaunchについて紹介しました。

パソコン仕事の効率を10倍アップさせるツールCLaunch
ファイルやフォルダを探す手間を省け、作業効率を大幅にあげることができるWindows用ランチャソフトのCLaunchを紹介します。「仕事の効率を10倍アップ」というのは言い過ぎではないほど、あなたの仕事効率を上げられるはずですよ!

CLaunchが真の力を発揮するのは、マルチタスクのときです。

マルチタスクはシングルタスクに比べ、何をどうやっても効率が落ちます。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

苦手なマルチタスクの効率を上げる2つの対処法
仕事でマルチタスクを要求されることは多いと思いますが、そもそも人はマルチタスクに向いていません。この記事では、それでもマルチタスクをしなくてはいけないときに、シングルタスクと同じように効率よくタスクをこなしていく方法について、紹介します。

それでも複数のタスクを並行してこなさないといけない場面は多いですよね。

なのでマルチタスクをするときは、いかに効率を落とさないで作業をするのかが重要なポイントになります。

マルチタスクの作業効率が落ちる大きな原因に、タスク切り替え時の準備があります。

パソコンを使った作業では、次のタスクに必要なフォルダやファイルを探して準備するのに意外なほど時間を必要とします。

特にこの「探す」という行為が、集中力ややる気を大幅に低下させることが問題です。

しかしCLaunchを使ってうまく設定を行えば、タスクを開始する瞬間に必要なものがすべてそろった状態すら作れます。

この記事では、マルチタスクでも効率曲作業できる、CLaunchの設定について解説します。

CLaunchのマルチタスク用アイテム設定

CLaunchでは、複数のページに複数のアイテムを設定して、簡単に起動できるようにできます。

マルチタスクを効率よくこなすには、ページやページに登録するアイテムについてよく考える必要があります。

例えば、画像編集ソフト、書類作成ソフト、Webのショートカットなどのページを作ることも考えられますが、実際に使うことを考えてみてください。

あるタスクをしているときに、画像編集ソフトのページから必要なソフトを選び、ページを切り替えてWebのショートカットのページから必要なリンクを探す。

結局「探す」ことが必要になるため、時間もかかり、集中力も低下してしまいます。

マルチタスクの効率を上げたいなら、下の図のようにページをタスクで分けましょう。

CLaunchの表示はタスク別に

また、各ページに、各サブタスク用に1~2行くらいアイテム登録のスペースをとっておきます。

各サブタスク用のスペースには、そのサブタスクに関係するアイテムだけを並べておきます。

こうすることで、あるタスクに必要なものは全てそこに表示できるので、探すことを極限まで減らせます。

もし、新たなタスクやサブタスクが生じたら、めんどくさがらずに追加しましょう。

目安としては、2度以上起動するアイテムならすぐに追加。

効率の良い作業は準備の段階で決まるのです。

登録アイテム数を調整する

複数のアイテムを登録していくと、登録できるアイテム数を増やしたくなります。

そんなときはウィンドウの端をドラッグすることで表示できるアイテム数を増やすことができます。

しかし、1つだけ注意点があります。

単にサイズを変えただけだと、例えば以下のように並びが崩れてしまいます。

CLaunchの表示サイズ変更

これには困ってしまいますが、なぜこんなことになるのかが分かれば、簡単に対応できます。

CLaunchでは、アイテムの並び順が上の行から順に横方向になっています。

下の図は横に4つのアイテムが並べられるようにして表示した場合です。

CLaunchの並び順横幅4

3行目の1番目のアイテムは左上から数えると9番目に並んでいることが分かります。

これを横に3つのアイテムが並べられるように表示すると・・・

CLaunchの並び順横幅3

このように、9番目のアイテムが3行目の最後にくるため、並び順がぐちゃぐちゃになったように見えてしまいます。

こうならないようにする最も良い方法は、アイテム登録前に横幅をある程度広げておいて、使い始めたら横幅を変えないことです。

それでも各サブタスクに登録したいアイテムが多いとき、アイテムの空欄が足りなくなるかもしれません。

そういう時は1行増やしましょう。

1行増やす機能自体はありませんが、空欄のアイテムを選択してInsertキーを押すと空欄のアイテム欄を1つ増やすことができます。

CLaunchでアイテムを挿入する

これを横幅の数だけ挿入すれば、1行増やすことができます。

CLaunchで1行挿入する

こうすれば、見た目を整えたまま、アイテムをどんどん登録できますよ。

知っておくと便利な操作

アイテムをまとめて追加する

ファイルやフォルダをまとめて複数登録したい場合、エクスプローラで同じ画面に表示されているものなら、複数選択してドラッグアンドドロップで複数同時に登録できます。

CLaunchにドラッグアンドドロップで複数のアイテムを登録する
CLaunchに複数のアイテムを登録する

ソフトウェアのショートカットを簡単に追加する

ファイル、フォルダ、URLだけでなく、ソフトウェアのショートカットを追加したいこともありますよね。

そういう場合も非常に簡単にできます。

登録したいソフトウェアが起動中に、アイテムの空欄を右クリックして「アイテム登録」を選択します。

次に、以下のように「ウィンドウ参照」をクリックしたあとに、登録したいソフトウェアのウィンドウをクリックする、これだけでショートカットを追加できます。

CLaunchにソフトウェアのショートカットを追加する
CLaunchにソフトウェアのショートカットが追加された

一度に複数のアイテムを開く

タスクを開始するときに、いつも使う複数のファイルやフォルダを1回の操作で開けると便利ですよね。

そんなときは「同時起動」の機能を使いましょう。

まず、起動の中心にしたいアイテムを右クリックして「プロパティ」を選択します。

次に、右下に表示される「その他」の中にある「同時起動アイテム」をクリックします。

CLaunchで複数のアイテムを起動する

すると、同時に起動したいアイテムの選択画面が出るので、必要なアイテムを登録します。

CLaunchで複数の起動アイテムを選択する

ただし、場合によってはそのアイテムを単独で起動したいときもあるでしょう。

でも同時起動の設定をしてしまうとそれができません。

オススメなのは、同時起動専用のボタンを作ることです。

といっても、CLaunchにそのようなボタンを作る機能は無いので「サブメニュー」アイテムを使います。

サブメニューアイテムの本来の使い方は、その中にさらにアイテムを登録してメニューのように開くことができるようにすることです。

でも今回は、このサブメニューアイテムを空のボタンとして使います。

サブメニューアイテムを作成するには、アイテム空欄で右クリックをして、「サブメニューを作成」を選択します。

CLaunchでサブメニューを作成する

作成したサブメニューには何もアイテムを登録はせずに、先ほどの手順で「同時起動アイテム」を登録しておけば、サブメニューをクリックしたときに複数のアイテムを起動させることができます。

CLaunchでサブメニューを同時起動に使う

まとめ

マルチタスクは確かに難しいことですが、ソフトウェアをうまく使ったり環境を整えたりすることで、かなり効率の低下を防げます。

特に、今回紹介したランチャーソフトCLaunchはその中心的な役割を果たすソフトです。

CLaunchには今回紹介した以外にも様々な機能があり、使い込むほどに便利で効率的な使い方ができるようになります。

ぜひ、あなたが最も使いやすい使い方でCLaunchを使って、仕事の効率をバリバリ上げてください!