今の自分ではだめだ、変わりたい、と思っている人に読んでほしい『習慣が10割』

今の自分ではだめだ、変わりたい、と思っている人に読んでほしい『習慣が10割』自己啓発書の読み方・書評

「何をやってもすぐ止めてしまう、やっぱり自分はダメなのか・・・」「今度こそ変わりたいのに結局変われない」

その悩みの解消に役立つ本を博士エンジニアの晴樹が紹介します。

継続できない、変わりたいのに変われない、と悩むあなたにオススメするのが、吉井雅之さんの著書『習慣が10割』です。

10割とはまた大きく出たものです。

でも本書を読めば、そのことに納得できるはずですよ。

習慣が10割
Amazonで吉井 雅之の習慣が10割。アマゾンならポイント還元本が多数。吉井 雅之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また習慣が10割もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

そもそも習慣とは何か?

「習慣」というと、何かを続けることをイメージしますよね。

それは間違ってはいませんが、そこに努力や根性が必要なうちは、とても習慣とは呼べません。

本書でも、習慣について以下のように述べています。

自分では意識せず何気なくやってしまうことを「習慣」と呼びます。

『習慣が10割』

やることが当然であり、やっている本人は努力しているとも思っていない、自然にできること、これが「習慣」なのです。

こう考えると、あなたが今継続していることは習慣と呼べるでしょうか?

無理をしてでも何とか続けようとしていませんか?

残念ながらそれでは結局習慣にはならないでしょう。

本書では、真の習慣化に役立つさまざまな方法や考え方を示してくれます。

『習慣が10割』の読み方

本書の目次は以下の通りです。

第1章 人生は「習慣が10割」
第2章 なぜ、あなたは続けられないのか?
第3章 意志が弱い人でも続く! 「最強の習慣化」スキル
第4章 「脳の力」で、習慣を超強力にする
第5章 習慣の力で、「あなたの人生」が動き出す

『習慣が10割』

おそらく第3章に書かれている「習慣化の方法」について知りたい人が多いでしょう。

本書に書かれている中で私が特に有効だと思うのは、「仕組みを作る」ですね。

これは私がお勧めする習慣化の方法であるif-thenプランニングとも似ています。

筋トレ・英語学習が続かない?習慣化は超簡単ですよ?
今度こそ続けるぞ、と思ってもなかなか継続できない。そんな方に、if-thenプランニングという方法を紹介しますこの方法は、シンプル、でも効果抜群の習慣化方法です。今年こそ筋トレ・英語学習などを続けるぞ!という方はぜひ試してみてください。

挫折しない秘訣として、「何のために?を考える」というものも書かれています。

これは超重要です。

私は以前、「何のために?」を考えなかったために結局続かなかったことがいくつもありました。

何となくやった方がいい気がするけど、なんで、と言われてもよくわからない、でも将来役に立つかも、くらいにしか思っていないようなことは、なかなか習慣にしにくいです。

何をするにしても「目的」は常に意識したいものですね。

第5章では、早起き、ブログ、筋トレ、英語学習など、個別のことについて、習慣化して続ける具体的な例が書かれています。

第3章、4章で方法や考え方を身につけ、第5章で具体例が書かれているわけですが、本書を参考にするときに注意点があります。

それは、第3章に書かれているやり方を自分のシチュエーションに合わせてアレンジすることです。

第5章に書かれている具体例はやり方の1つであり、必ずしもあなたの状況には合っていないかもしれません。

なので自分の環境に合わせて、習慣化しやすい仕組みを作る必要があります。

そのためにも、本書を読み始める前に「この本を読み終えたら英語学習を習慣化させるんだ」のように、自分が習慣化させたいものを1つ決めて読み始めるのが良いでしょう。

そうすれば、各章を読んでいるときに、「自分が習慣化したいことに当てはめるとこうすればいいんだな」というのを具体的に考えながら読むことができます。

なので、続かない、という状態になったら、3章や4章に書かれていることをいろいろ試してください。

間違っても「やっぱり自分には根性がないんだ」なんて思ってはいけません。

正しくは「これは自分に合ったやり方じゃなかったんだ」と思うことです。

私自身、この本に書かれている全てのことをやっているわけではありません。

習慣化は、本書に書かれている一部のことをやれば十分に可能です。

でもどれをやればよいのかが、人によって、またやりたいことによって変わってきます。

なので、いろいろと試してみる必要があるのです。

今の自分ではだめだ、変わりたい、と思っている人に読んでほしい

本書にはこう書かれています。

「こんな時は、こう考える」という思考習慣が積み重なって、自分という人間を作り上げています。

『習慣が10割』

何かをすることだけが習慣ではなく、考え方、態度なども結局習慣なのです。

結局私たちの今はこれまでの行動によって生み出されたものであって、将来もこれからの行動によって生み出されるものです。

日々やっていることの多くは習慣であることを考えると、習慣が10割というのは言い過ぎではありません。

新しいことに挑戦している人は、新しいことに挑戦する習慣が身についているからこそ。

今の自分から変わりたい、そう願うなら変わろうとする習慣を身につければいいのです。

変われない、続かないのは、あなたの根性がないからではなく、習慣化できる環境を整えていないだけなのです。

本書を参考に習慣化できる環境を整えて、あなたの人生が良い方向に変わっていくことを願っています。

習慣が10割
Amazonで吉井 雅之の習慣が10割。アマゾンならポイント還元本が多数。吉井 雅之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また習慣が10割もアマゾン配送商品なら通常配送無料。