また諦めた…やり抜けない、続かない人に読んでほしい『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』

また諦めた…やり抜けない、続かない人に読んでほしい『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』自己啓発書の読み方・書評

「また途中でやめてしまった・・・」「どうしてもやり抜けないんだよなぁ」「何が足りないんだろう」

その悩みの解消に役立つ本を博士エンジニアの晴樹が紹介します。

やり抜けない、継続できない、という悩みを持つあなたにオススメするのが、ポジティブ心理学エキスパートのひとりでもあるキャロライン・アダムス・ミラーさんの著書『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』です。

実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れる | キャロライン・アダムス・ミラー, 宇野 カオリ, 藤原 弘美 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでキャロライン・アダムス・ミラー, 宇野 カオリ, 藤原 弘美の実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れる。アマゾンならポイント還元本が多数。キャロライン・アダムス・ミラー, 宇野 カオリ, 藤原 弘美作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れ...

『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』を手に取ったきっかけ

私が本書を読もうと思ったきっかけは、自分にはやり抜く力が足りていないと感じていたからです。

「やり抜かなくても、自分がやってみてできたことが自分に合っていることだし、無理してやり抜かなくてもいい」

私はそういう考え方でした。

もちろん何かを成し遂げるために改善を繰り返していましたが、無理なことは辞め、できることに注力する、そうやってこれまでやってきました。

最近はこのブログ記事作成に力を入れています。

それは、これまで体験した自分の悩み、そしてそれをどう克服したか、ということを発信していきたいと思ったからです。

でもどうしても更新が続かない、やり抜けないでいました。

これまでと同じように、できないなら辞めて、できることだけをしよう、とも思っていました。

一方で、こうやって情報を発信して、過去の自分と同じ悩みを抱える人の助けに少しでもなることは、自分が本当にしたいことでもありました。

せっかくならやり抜きたい、でもどうすればいいのか・・・

そんな時に『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』を見つけ、何か得られる情報が無いかと思い、読み始めました。

結果として、本書を読んだ効果は非常に大きかったです。

この記事では、やり抜く力を手に入れたいと願うすべての人にオススメな本書の概要や読み方について紹介します。

また次の記事では、私が実際にどのように本書を活用したのか、その効果はどうだったのか、について紹介します。

「やり抜く力」とは何か

そもそも、やり抜く力って抽象的な言葉ですよね。

やり抜けないと、ついつい「やる気がない」「根性が足りない」、そういう方向に行きがちです。

でも、それでは結局どうすればやり抜けるのかが見えてきません。

本書では、やり抜くために必要な力をもう少し具体的な要素として8つあげています。

それは「熱意」「幸福感」「目標設定」「自制心」「リスク・テイキング」「謙虚さ」「粘り強さ」「忍耐」です。

それぞれが何を表しているかについては、本書を読んでみてください。

これらを持つ人を「高いグリットを持つ人」と呼び、やり抜く力を持った人たちなのです。

本書は、「グリットとは何か」そして「グリットの要素を身につければどうすればいいのか」について書かれています。

つまり「高いグリットを持つ人」になり、やる抜くことができるようになるための本、ということです。

『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』の読み方

本書の目次は以下の通りです。

Introduction 幸せになるための科学と実践~「グリット=やり抜く力」をとことん磨く
Chapter1 「グリット」とは何か?~誕生から現在まで。その歴史と背景について~
Chapter2 こうしてグリットの低い世界が作られた~ウッドチップ、セラピーのブタ、添い寝師~
Chapter3 グリットを高めるための下準備~コーチングのプロセスを体験する~
Chapter4 「本物のグリット」とは何か?~正しく学び、正しく育てるために~
Chapter5 良いグリット~成功して多くの人を活気づける力~
Chapter6 悪いグリット~偽りの成功を目指して自滅する力~
Chapter7 グリットの正しい育て方~必要な資質、組み合わせ、エクササイズとは?~
Chapter8 情熱~人生の目的を生み出す原動力~
Chapter9 幸福感~成功の確率を上げるために~
Chapter10 目標設定~人生に意味や目的を見出すために~
Chapter11 自制心~高い目標を追求し続けるために~
Chapter12 リスク・テイキング~大きな成功をつかむために~
Chapter13 謙虚さ~良い人間関係を築くために~
Chapter14 粘り強さ~困難に直面しても諦めないために~
Chapter15 忍耐~じっくり目標に取り組むために~
Chapter16 グリットの未来~誰もが最高の人生を送るために~ 

『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』

多くの章がありますが、大きく2つのパート、Chapter6までの前半とChapter7から始まる後半に分けられます。

前半は、グリットに関する説明を具体的な例をたくさんあげながら説明しています。

最後まで粘り強くやることができる人とそうでない人の違いは何なのか、グリットを構成する要素は何なのか、本物のグリッドとは何なのか、ということについて書かれています。

後半は、グリットを構成する各要素の具体例と訓練の方法について書かれています。

本書は単行本だと378ページあり、なかなかの分量です。

これを端から端まできっちり読むことはオススメできません。

Amazonのレビューにも「そもそも本書を読むのにグリットが必要だ」というコメントがある通り、正しい読み方を知らないと投げ出してしまうでしょう。

小説のようなものは別ですが、自己啓発書に限らず多くの本は端から端まで、順番にすべて読む必要はありません。

実際、本書の後半が始まるところにもこう書かれています。

あなたが目指すことに関連のある章からスタートし、章末の指示に従ってエクササイズを実践してみて、理想的な結果につながる最善のワークはどれだろうかと確認しながら進めていくことをお勧めする。

『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』

前半の章は、グリットに関するエピソードなどは初めは読み飛ばしてもいいでしょう。

後半の章も、本書にあるように、グリットの要素の中から自分の目標に最も関係が深いところから読むのが良いでしょう。

どのような人が『実践版GRIT(グリット)やり抜く力を手に入れる』を読むべきか

本書は以下のような人にオススメの本です。

  • やり抜きたいと思っているけれどもいつも諦めてしまう人
  • やり抜くためには何が必要でどう鍛えればいいのかを知りたい人

気になるのは、読んでみて、実践してみて本当に効果があるのか、ですよね。

次の記事では、私が本書をどのように使ったのか、そして実践してみた結果はどうだったのか、についてお伝えします。

実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れる | キャロライン・アダムス・ミラー, 宇野 カオリ, 藤原 弘美 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでキャロライン・アダムス・ミラー, 宇野 カオリ, 藤原 弘美の実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れる。アマゾンならポイント還元本が多数。キャロライン・アダムス・ミラー, 宇野 カオリ, 藤原 弘美作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また実践版GRIT(グリット) やり抜く力を手に入れ...